お腹がなる3つの原因と簡単な治し方

AL001-1onakaganattayo20140830_TP_V

お腹の音がなってしまうのは、結構辛い悩みですよね。お腹の音聞かれるのは、なかなか
恥ずかしいものです。特に静かな部屋でなったときにはもう……。

なぜ、なってほしくないのに、勝手にお腹がなってしまうのでしょうか。

その原因は3つあります。

原因ごとに治し方は違うので、思い当たる原因に合った治し方を選びましょう。

原因①お腹がすいたせい

お腹がすくとお腹がなるのは1番有名です。お腹がすくと、脳が胃を空にするように命令します。栄養をとるために、食べ物を受け入れる準備をするのです。

このとき胃と腸がきゅーっと縮むのを繰り返し、波のように動き、食べ物を胃から腸へと運びます。

このとき胃にたまった空気も一緒に、胃の小さい出口から腸へと押し出され、「ぐぅ〜」という音がなるのです。これがお腹の音がなる原因です。

治し方

①決まった時間に食べる

3食決まった時間に食べることで、お腹がすく時間も決まるので、変なタイミングでお腹がならなくなります。

②ぐーぴたっを食べる

ぐーぴたっは「ぐー」となるお腹の音を、ぴたっと止めるおやつです。お腹が空いてなりそうだなと思ったら、お腹がなる前に食べておきます。

ご注文はこちらから(クリックでAmazonに飛びます。)
→ぐーぴたっを詳しく知りたい方はこちら

原因②空気を無意識にのみこんでしまっている

SAYA151005250I9A8395_TP_V

お腹が空いてないのにお腹の音がなるのは、お腹にたまった空気のせいです。

呑気症(どんきしょう)または空気嚥下症(くうきえんげしょう))とよばれる、20代から50代の女性がなりやすい症状があります。

ストレスが原因となって、無意識のうちに空気を飲み込んで、胃に空気がたまってしまうのです。

気付いたら口を動かしたり歯を食いしばったりするクセのある方や、よく空気を飲んでしまっている方は呑気症の可能性があります。

また、呑気症でなくても炭酸飲料や水をよく飲む方や、早食いをする方は無意識のうちに空気を飲み込んで胃にためてしまっています。

治し方

①空気を飲み込んでいるタイミングを知り、飲み込まないように気をつける。

普段から空気を飲み込んでしまいがちなら、以下のことに注意すれば治ります

  • 飲み物を飲むときに空気を吸い込まないようにする。音を立てすすらないで、静かに飲むようにすれば、空気を飲むのを防げます。
  • ゆっくり食べる。早食いすると、食べ物と一緒に空気を飲みやすくなるので、ゆっくり食べるようにすると良いです。
  • ため息を減らす
    「ハァ」とよくため息をつく方は、吐いたあとに吸い込む空気が胃にたまりやすいです。意識して減らしましょう。
  • 背筋を伸ばす
    猫背だと胃に空気がたまりやすいので、背筋を伸ばすと改善します。携帯やパソコンをよく使っている人はうつむきがちなので注意です

上記以外にも、思い当たることがあれば意識して減らしましょう。

②ストレスを解消する

無意識に空気を飲むのはストレスが原因であることが多いので、ストレス発散を適度にするのがオススメです。

趣味を楽しんだり、音楽を聴いて身体を動かしたり、アロマの香りで心を癒すのがオススメです。

アロマはこちらから探せます(クリックでAmazonに飛びます。)

③ガスピタンを使う

ガスピタンは、お腹のガスだまりを治してくれる市販の薬です。

ガスがたまる原因となる膜をうすくする効果と、ガスの素となる悪玉菌のエサを分解する効果があります。さらに、乳酸菌がふくまれているので腸内環境を良くしてくれます。

ただし、呑気症が原因でお腹がなっている場合、ガスピタンの効果は一時的なものです。お腹がなって欲しくないとき直前に飲むと効果があります。

根本的な解決にはならないので、上記に書いたように、ストレスの解消や、空気を飲むクセを治す必要があります。

ガスピタンのご注文はこちら(クリックでAmazonに飛びます。)

原因③腸内の環境が悪い

SAYA160312020I9A4195_TP_V

腸内環境が良くないと、大腸でガスが発生し、そのせいでお腹がなっている可能性があります。

特に便秘がちの人は、腸に便が長くとどまるので、老廃物が増えて有毒のガスが発生してしまっています。

治し方

①腸内環境を良くするものを食べる

乳酸菌の入った食べ物は腸内環境を良くしてくれます。ぬか漬けや納豆、キムチ、ヨーグルトなどがオススメです。

ヨーグルトを選ぶときの注意として、パッケージに『プロバイオティクス』や『生きて腸まで届く乳酸菌』と書かれたものを選びましょう。というのも、乳酸菌は胃酸に弱く、腸に届くまでにほとんどが死んでしまいます。

上記のヨーグルトは最新技術で、乳酸菌を生きたまま腸に届けることができるように作られたものなのです。

生きたまま乳酸菌が腸まで届く『プロバイオティクス』のヨーグルトのご注文はこちら(クリックでAmazonに飛びます。)

また、キムチやぬか漬けにふくまれる乳酸菌は強く、生きたまま腸に届きやすいのでオススメです。同じ漬物でも、浅漬けの素でつけられた浅漬けだと、乳酸菌がふくまれていないので注意です。

キムチのご注文はこちら(Amazon)

ぬか漬けのご注文はこちら(Amazon)

納豆は毎日1パック以上とることで、腸内環境を良くしてくれます。

納豆のご注文はこちら(Amazon)

②ガスピタンに頼る

2番目の原因でも紹介しましたが、ガスピタンは、お腹のガスだまりを治してくれる市販の薬です。

ガスがたまる原因となる膜をうすくする効果と、ガスの素となる悪玉菌のエサを分解する効果があります。さらに、乳酸菌がふくまれているので腸内環境を良くしてくれます。

腸内環境が原因でお腹がなっている場合、ガスピタンはかなり効果的です。

ガスピタンのご注文はこちら(クリックでAmazonに飛びます。)

まとめ

お腹がなる原因は人それぞれです。自分に合った治し方を選びましょう。

お腹の音は恥ずかしいので、悩んでいる人は多いです。上に書いたように、きちんとした治し方でお腹の音は治るので、試してみてください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

口寂しいときはこちら

口寂しいけど太りたくないときは、カロリーほぼ0のこちらがオススメ。間食してもダイエットできます。

follow us in feedly QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ