チアシードを加熱しても大丈夫?正しい食べ方はこちら

→チアシードの正しい選び方と、7つの効果を知りたい方はこちら

チアシードを加熱するとどうなる?

あなたは、正しい食べ方でチアシードを食べていますか?実は、チアシードは熱に弱く、加熱してしまうと、せっかくの栄養が壊れてしまうのです。美容・ダイエット効果をチアシードから得るにはこちらのような正しい食べ方で、食べる必要があります。

チアシードの栄養の中でも、特に私たちの身体に重要といわれているのが必須脂肪酸の、オメガ3やオメガ6です。

これらの脂肪酸は美肌の源になり、乾燥肌やアレルギーを防いだり、肌の保湿を良くしてプルプル肌にしてくれる効果があります。

しかし、これらの栄養は油なので、熱に弱く40度以上の加熱で簡単に壊れてしまうんですね。なので、チアシードを40度以上の味噌汁に入れて食べたり、熱々のスープ系と混ぜて食べてしまうと、せっかくの栄養が壊れて効果がなくなってしまうんです。

もし美容効果を正しく得たかったら、少し冷ましてからチアシードを入れるか、スープ系ではない他の料理と一緒にいただくのがベストです。

チアシードの栄養について詳しく知りたい方は、こちらからお読みいただけます。

加熱殺菌済みのチアシードとは?

市販のチアシードの中には、加熱殺菌済と書いてあるものがあります。

「殺菌されてるのはいいけど、栄養が壊れてるんじゃ…?」と心配に思うかもしれませんが、そこはちゃんと工夫されています。

チアシードの加熱殺菌の方法は、基本的にチアシードの表面に熱風を当てて、栄養を壊さないように殺菌だけを行う方法が主流です。ですので、中の栄養はしっかりと保たれているのですね。

チアシードはほとんどが海外で栽培されているため、殺菌済みのものの方が安心して口にすることができます。もし、きちんとしたやり方で殺菌がされているか不安な方は、こちらでオススメのチアシードショップと、正しい選び方をご紹介しているので、ぜひご参考にお読みください。

チアシードは本来の栄養を壊さない食べ方で食べると、美容・ダイエットをより効果的に手助けしてくれるので、きちんとした食べ方でチアシードをいただきましょう。

→温度以外にもチアシードの食べ方に関する注意点があります。正しい食べ方を知らない方は、一度こちらをお読みいただくことをオススメします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

口寂しいときはこちら

口寂しいけど太りたくないときは、カロリーほぼ0のこちらがオススメ。間食してもダイエットできます。

follow us in feedly QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ