ヨガポールダイエットのやり方

ヨガポール(ストレッチポール)で痩せる方法をお伝えします。

リラックスしながら痩せれるヨガポールが今すぐ欲しい方はこちらから。ネットショップランキング1位のヨガポールです。

ヨガポールダイエットの3つの効果

①基礎代謝が上がり、痩せやすいカラダになる
②カラダのゆがみが直り、美しいスタイルになる
③ストレスがやわらぎ、食欲をコントロールしやすくなる

こちらのヨガポールを使って1日5〜10分ほどストレッチをするだけで、上に書いた3つのダイエット効果があります。

ヨガポールダイエットは、どなたでも簡単に自宅でできます。スポーツジムや整体院に通う時間がない方も、気楽にできるのがメリットです。

ヨガポールとは?

「そもそもヨガポールって何?」
という方のために説明しますと、

ヨガポールは、こちらのようなサンドバッグのようなカタチをしたグッズで、上に寝転がったりして使います。元々ストレッチポールの類似品として開発されました。使い方は両方とも同じですが、こちらのようなジムや整体院に置いてある本格的なストレッチポールは1万円近くします。より高価でジムや整体院などに置いてある本格的なものが、ストレッチポール。安価で自宅用にオススメなのがヨガポールです。

ヨガポールは安価ですが、ものによって質の悪いヨガポールもあるので注意が必要です。こちらのヨガポールはネットショップランキング1位で信頼できる製品です。(現在レビューも521件以上あります。)

ストレッチポールとの違いは、少し硬く表面が滑りやすいことぐらいです。硬さは好みで気持ちいいと感じる方も居たり、滑りが良いとバランス感覚がより鍛えられたりするので、こちらのヨガポールの方が好きという方もいます。

上で紹介したショップ1位のヨガポールは安価なのに高品質で長持ちもするので、自宅で使う分には十分だと思いますが、もし金銭面に余裕があり本格的なものを使いたいという方はこちらの本格的なストレッチポールをお選びください。(送料無料で、限定のDVDマニュアルの特典がついています)

有名人やアスリート選手も愛用したり、以前TVでも紹介されました

ヨガポール(ストレッチポール)の効果は有名人の間でも広まっていて、芸能人の藤原紀香さんや、杉本彩さん、稲垣吾郎さん、モデルのSHIHOさん、体操選手の内村航平選手や、元フィギュアスケート選手の浅田真央さん、村主章枝さん、元サッカー選手の中村俊輔さんなど、数多くの有名人が実践しています。

(ストレッチポールを使ってトレーニングをする浅田真央さん引用元)

また、以前「魔女たちの22時」というTV番組で、「ボンレスハム」呼ばれるほど太っていた方が、ヨガポール(ストレッチポール)の上にコロコロと寝転がるだけで、30kgも痩せた「寝っころがりダイエット」として人気に火がついたこともありました。

ヨガポールを愛用する方の声

なぜダイエットに効果があるの?

①基礎代謝が上がり、痩せやすいカラダになる

ヨガポールの上に寝転がると、カラダがバランスをとろうとして、無意識に様々な筋肉が使われます。インナーマッスルと呼ばれる、カラダの深層部の筋肉もきたえられるので、筋肉が消費してくれるカロリーが増えます。また、ストレッチにより関節の動かせる範囲が広がるので、1日の運動量が自然と増え、基礎代謝のアップにつながります。それなので、ヨガポールを使うと基礎代謝がアップし、痩せやすいカラダになるのです。

(「魔女たちの22時」というTV番組でも、ヨガポール上に寝転がるだけのダイエット法で30kgやせた方が紹介されました。)

②カラダのゆがみが直り、美しいスタイルになる

姿勢がゆがんでいると、お腹がポッコリと出て見えたり、やせてもスタイルが悪く見えてしまうことがあります。ヨガポールを使うと、骨盤が正しい位置にもどる助けをしてくれるので、姿勢が悪いせいで出ていたお腹がへこんだり、姿勢が良くなりスラッとしたイメージになったりします。体重だけでなく、見た目からスタイル良く美しいカラダにしてくれるのがヨガポールです。

(ストレッチポールによる姿勢の改善は、東京都リハビリテーション病院の松島栞さん、首都大学東京の山田拓実さんの論文によって証明されています。)

③ストレスがやわらぎ、食欲をコントロールしやすくなる

ストレスと食欲には大きな関係があります。イライラしている時、無意識に冷蔵庫の中をのぞいてしまったり、良い気分になるためにデザートを食べたりする経験は誰にでもあると思います。食べることによってストレスをやわらげようとしているからです。食べるだけでストレスは一時的にやわらぎますが、食べ終わってから後悔してしまい、よけいにストレスがたまってしまうのもあるあるですよね。特にダイエット中は…。

ヨガポールを使ってストレッチを行うと、交感神経より副交感神経が優位になりやすくなるので、ストレスをやわらぎやすくなります。ストレスがやわらぐと、食のコントロールをしやすくなるので、感情による暴食などもおさえることができます。ダイエット中はストレスがたまり安いので、ヨガポールでリラックスするだけでもダイエット効果があります。

(食欲と感情の関係は、心理学博士スーザン・アルバートさん著の『お腹が空いていなくてもつい食べてしまうあなたへ』という本の中でも詳しく説明されています。感情が原因で食に走りそうになった時に、食べてしまう前にヨガポールの上でコロコロリラックスすれば気持ちが落ち着きやすく、心の安定につながります。)

ヨガポールダイエットのやり方

こちらのヨガポールをご注文すると特典でやり方のマニュアルがついてきます。また、こちらのストレッチポールをご注文された方はDVDマニュアルもついてきます。

マニュアルだけでも十分にヨガポールダイエットはできますが、さらに効果的に使うために、YOUTUBEの動画を利用したストレッチをオススメします。専用の動画は再生回数を60万超えるものもあり、プロの方がヨガポールを使ったストレッチ法を紹介しているので、より効果的に実践できます。

プロが教える【ストレッチ用ポールの使い方】


リンク元

使い方まとめ


こちらから使い方のまとめを観ることができます

さらに詳しく知りたい方はこちらのYOUTUBE検索欄に『ヨガポール』または『ストレッチポール』と入力して検索すると、プロの方が紹介するストレッチ法が複数ありますので、参考に実践できます。

まとめ

ヨガポールダイエットはこちらのヨガポールか、こちらのストレッチポールを使うだけで、すぐに自宅で実践できます。

ヨガポールを使うと

①基礎代謝が上がり、痩せやすいカラダになる
②カラダのゆがみが直り、美しいスタイルになる
③ストレスがやわらぎ、食欲をコントロールしやすくなる

上記の3つのダイエット効果があります。

やり方は、付属のマニュアルについていますが、YOUTUBEなどの動画サイトにもプロの方が実践する動画もあるので、より本格的なヨガポールの使い方を知ることができます。

ジムや整体院に通わずとも自宅で気楽にできるので、時間のない方でもオススメです。続けるほど効果はありますが、初めての方は1週間に2、3回程度から始めて、少しづつ回数を増やしていくやり方がオススメです。1回のストレッチにかける時間は5〜10分程度でも十分に効果があります。

なれると気持ちいいので、続けやすいかと思います。
すぐ簡単に始められるので、ぜひ試してみてくださいね。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

口寂しいときはこちら

口寂しいけど太りたくないときは、カロリーほぼ0のこちらがオススメ。間食してもダイエットできます。

follow us in feedly QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ