口寂しいのはキスで治る?

S__311464

口寂しいのは、キスで治るといったら信じられますか?

口寂しい・・・。お仕事中や、お家に居るとき。お腹空いてなくても、もっと何か食べ物がほしいときありますよね。ついついお菓子に手が伸びてしまったり。

でも、食べ過ぎると体重が気になります。

そんなときは、好きな人とキスしましょう。キスできる人が近くに居ない方は、ペットやヌイグルミにキスしても、効果があります。

キスで、口寂しい気持ちは治るんです。

キスで口寂しさが治るのはなぜ?

それにはちゃんと、理由があります。実は、口寂しい気持ちはストレスと大きく関係しています。

何か食べ物を食べると、幸せな気持ちになりますよね。それは、糖分(炭水化物の一種)をとると、脳や腸から幸せホルモンのセロトニンが出てくるからです。このセロトニンは、ストレスを解消してくれる効果があります。

小さなストレスなら、セロトニンのおかげで解消されます。それなので、ストレスを発散しようとして無意識に食べ物に手がのびてしまうんです。

この幸せホルモンのセロトニンは、キスでも増えます。

好きな人と触れ合ったり、ハグしたり、キスしたりすることで、たまっているストレスの3分の1が解消されるといわれているほど、セロトニンがたくさん出ます。

だから、何かもう少し食べたい気持ちになったら、好きな人にキスをするのが効果的です。キスをすれば口寂しい気持ちは消えて、幸せな気持ちになれます。

ちなみに、長い付き合いの人と触れ合う方がセロトニンが出る量が増えます。キスで口寂しさが吹き飛ぶとは凄いですね。

キスができる相手が近くに居なければ、カレーを食べてもOK

キスをできる人が身近に居ない場合、カレーを食べても同じ効果があります。

セロトニンの95%は腸から出るといわれていて、カレーを食べると腸からセロトニンがグイグイでます。食事をカレーに変えることで、ストレス解消や、脳が活性化される効果もあるので、オススメです。

S__311480

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

口寂しいときはこちら

口寂しいけど太りたくないときは、カロリーほぼ0のこちらがオススメ。間食してもダイエットできます。

follow us in feedly QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ