炭水化物制限の裏技はこちら

あなたは、炭水化物をとりすぎに気をつけていますか?

炭水化物をとりすぎてしまうと、脂肪が増えやすくなったり、糖尿病になるリスクが高まったり、高血圧の原因になってしまいます。

逆に足りていないと、頭の回転がにぶくなってしまったり、疲れやすくなったりもします。1日にとる炭水化物の量はバランスが大事なんですね。

1日に必要な炭水化物量の目安は、厚生労働省のガイドラインだと、男性が243g、女性が200gとなっていますが…

現代の日本人が食べている炭水化物の平均量は、300g前後と言われています。日本人はお米も好きなので、ほとんどの方が炭水化物をとりすぎている可能性があるんですね。

簡単に炭水化物制限できる方法

炭水化物制限はしなきゃいけないと思ってはいるけど、やっぱりお米を我慢するのは、もの足りないですよね。そこで、こちらを使うと食べるのを我慢することなく簡単に炭水化物制限ができます。

こんにゃく米といって、味はお米そのもの(言われなきゃ気づかないくらい)なんですが、いつものお米に混ぜて食べるだけで炭水化物を半分にまで減らすことができます。

お茶わん普通盛り1ぱい分で約59gの炭水化物がふくまれていますが、こんにゃく米を使うとご飯の味はそのままで約30gの炭水化物制限ができます。2食分なら60gもの炭水化物制限ができるので、炭水化物とりすぎの日本人にとってかなり助かりますよね。

また、炭水化物だけでなくカロリーも半分に減らせるので、ダイエットにもなります。

送料無料で安い

こんにゃく米をもっと詳しく知りたい方や、今から使いたいという方はこちらをお読みください。

ネット限定なので他では買えません。送料無料でお試し注文であれば1600円で14袋こんにゃく米が小袋になったものが手に入るのでお買い得です。高品質なので、こんにゃく米を探そうと思った方はこちらで紹介しているものがオススメです。

今すぐこの場で、スマホからでもご注文できます。炭水化物制限を早くから始めることができます。手作業でこんにゃく米のツブを仕分けているため数量には限りがあるので、気になっている方はお早めにどうぞ。

まとめ

簡単に炭水化物制限できる裏技をご紹介いたしました。炭水化物をとりすぎがちの日本人がバランスよく炭水化物制限するのに役立つこんにゃく米、ぜひ試してみてくださいね。

ご飯1ぱいの炭水化物が半分になり、味もそのままなので、ラクラク制限できます。気になっている方はこちらでくわしく説明しているので目を通してみてくだい。制限したい方の役に立つと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

口寂しいときはこちら

口寂しいけど太りたくないときは、カロリーほぼ0のこちらがオススメ。間食してもダイエットできます。

follow us in feedly QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ