間食にオススメな3つの低カロリー食品

あなたは間食に何を食べていますか?え、ポテトチップス?ダメですよ。太ります!1袋500kcal以上こえるものもあるし、ラーメン1ぱい食べるのと変わらないですからね。間食には低カロリーで美味しいものを選ぶのがスマートです。

じゃあ何が良いの?と疑問に思ったあなた。そんなあなたにオススメの間食を3つ、口寂しさ専門アドバイザーのNECO(ネコ)がご紹介しちゃいます。

1位:とうふちくわ

→今すぐ食べたい方はこちらからご注文できます(楽天ショップ)

間食にオススメな食べもの第1位は、とうふちくわです。え、何とうふ?ちくわ?どっちなの。どっちでもありません!

とうふちくわは、豆腐と魚のすり身を7:3でまぜ合わせた、こだわりの食感が楽しめる鳥取県限定で販売されている食べものです。

食感は豆腐でもちくわでもなく、フワッとした不思議な食感です。味は繊細で、醤油やわさび醤油につけてそのまま食べれます。お酒との相性もバツグンです。

間食にオススメなポイント

とうふちくわが間食にオススメなポイントを3つご紹介します。

①低カロリー高タンパクで、空腹感がまぎれやすい

とうふちくわの主な材料は、大豆でできた豆腐と、イワシが主原料の魚のすり身です。どちらも低カロリーなのに、高タンパクな素材です。

高タンパクだと食欲は満たされやすいので、低カロリーで食欲を満たせます。なので、間食にピッタリなんですね。間食にピッタリな2つの素材が1つになった”とうふちくわ”も、もちろん低カロリー高タンパクで間食にオススメです。

②肥満の解消・予防に効果的

とうふちくわにはEPAが豊富にふくまれています。EPAとると、やせるホルモンと呼ばれるGAP-1が脳内で増えます。

GPA-1には、食欲をおさえる効果や、血糖値の上がり方をゆっくりにする効果、インスリンの分泌を促進する効果があります。つまり、太りにくく痩せやすいカラダにしてくれる成分なんです。

その効果の高さに注目されて、糖尿病の治療薬としても使われるほどです。ダイエット効果の高い成文が豊富にふくまれているので、間食にもってこいなんですね。

③肌のハリとツヤをアップする、アンチエイジング効果

とうふちくわにふくまれるイソフラボンは美容効果が高いです。

イソフラボンはコラーゲンや、皮ふのヒアルロン酸が作られるのを手伝ってくれます。美容に有名な成分なので、効果は知っていると思いますが、肌のハリやツヤをアップしてくれる効果があるんですね。

さらに、肌の老化を防いでくれる効果もあります。私たちの肌は紫外線が原因で硬くなってしまい、老化肌になってしまいます。

老化肌は怖いですが、イソフラボンには紫外線によって肌が硬くなってしまうのを、おさえてくれる効果があります。なので、イソフラボン豊富のとうふちくわには、老化肌をおさえて肌をピチピチにしてくれる美容効果があるんですね。

まとめ

→とうふちくわが欲しい方はこちらからご注文できます。

間食にオススメ第1位のとうふちくわは、鳥取県限定でしか販売されていません。鳥取県限定の理由は2つ、豆腐と魚のすり身の混ぜ具合の調節が難しいのと、鳥取県には綺麗な湧き水が豊富にあることです。

とうふちくわのこだわりの食感を出すのは難しく、配分を間違えたり混ぜる加減が違うと、食感が全然変わってしまいます。

さらに、美味しさの秘訣はキレイな水です。知ってる方もいると思いますが、鳥取は綺麗な湧水で有名ですね。布勢の清水や、お地蔵さんの水、中井の清水などの名水スポットが数多くあります。

とうふちくわ作りは水が命なので、美味しいキレイな水が豊富な鳥取県ならではの味なんですね。

とうふちくわ独特の味は、鳥取県限定のものですが、幸いこちらからお取りよせできます。通販に対応していて、値段も結構安いです。鳥取県に住んでいない方も手に入るので、気になったらチェックしてください。

とうふちくわが間食にオススメな3つのポイントは…

①低カロリー高タンパクで食欲が満たされやすい。
②肥満の解消・防止をする効果がある。
③肌のハリとツヤをアップさせるアンチエイジング効果がある。

以上の3つでした。

お気軽に手に入るので、気になった方はこちらをのぞいてみてください。

間食にオススメ第2位と第3位は別のページでご紹介しています。

☆間食にオススメ☆

第2位:チアシード
第3位:絶対に太らないアメ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

口寂しいときはこちら

口寂しいけど太りたくないときは、カロリーほぼ0のこちらがオススメ。間食してもダイエットできます。

follow us in feedly QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ