8時間ダイエットのやり方。熊田曜子さんが実践しているダイエット法

最近、熊田曜子さんが『8時間ダイエット』を実践していると、ブログで公開して話題になっているので、ご紹介します。

8時間ダイエットとは、食事をする時間を制限するダイエット方法です。1日8時間以内なら好きなものをどれだけ食べても良いという、簡単なダイエットです。

以前、『駆け込みドクター!』という番組で「アイドリング!!!」の元メンバーの矢沢恵里香さんが、8時間ダイエットで、実質1週間で2.6キロの体重を減らすのに成功させました。

アメリカ国立衛生研究所や、ソーク研究所の実験にもとづいたダイエット方法で、肥満大国のアメリカで生まれたダイエット法です。

詳しくはこちらの動画をご覧ください。

8時間ダイエットのルール

ルールは2つだけです。

①1日の中で、食べる時間を8時間以内にする

150415241454_TP_V

1日の時間の中で8時間を、食事の時間と決めます。決めた8時間の間なら好きなものを食べて良いですが、それ以外の16時間は何も食べないようにします。

ただし、カロリーのない飲み物ならいつ飲んでもオッケーです。水やお茶で水分補給はこまめにしましょう。

☆例えば、食事の時間を、9時から17時と決めた場合。

9時に朝食をとり、17時までなら好きなものを好きなだけ食べても良いです。夕食も17時までにすませます。それ以降は水やお茶だけで我慢し、何も食べないようにします。

☆12時から20時に決めた場合。

朝食は抜きで、12時に昼ご飯を食べます。それから、20時までが好きに食べていい時間です。

1日16時間の間何も食べないことで、血糖値が下がるので、脂肪が燃えやすくなります。その分、8時間好きなものを食べても、十分にダイエットになるというわけです。

好きな時間に決めて良いですが、食べ終わる時間を20時までにすると、より効果があります。

こちらで詳しく紹介していますが、20時以降から夜中になるにつれて食べたものが脂肪になりやすくなるからです。また、寝る前に食べない方が睡眠の質が上がり、食欲がおさえられます。

②『スーパーフード』の中から2種類選んで食べる

SAYA151005250I9A8395_TP_V

スーパーフードとは、低カロリーで栄養価の高いダイエット向きの食べ物のことです。8時間ダイエットでは食事の時間が制限されるので、栄養バランスをとるためにスーパーフードを食べることがすすめられています。

スーパーフードは8種類あるので、この中から2種類選びましょう。

  1. 高たんぱく質で低糖質なもの(卵や魚、脂肪の少ないお肉)
  2. 乳製品(ヨーグルトや牛乳、チーズなど)
  3. ナッツ系(ピーナッツやアーモンド、くるみなど)
  4. 豆類(大豆や黒豆、えだ豆など)
  5. ベリー系(いちごやブルーベリー、ラズベリーなど)
  6. 色が明るい果物(りんごやみかん、スイカなど)
  7. 穀物(玄米や全粒粉パン、全分粉のシリアルなど)
  8. 緑の葉野菜(ほうれん草やブロッコリー、ピーマンなど)

上記のような栄養価の高いものを食べることによって、ダイエットでかたよりがちな栄養バランスを整えたり、体調を良く保ってくれます。

※番組でヨーグルトがすすめられていましたが、市販のものを買う場合、パッケージに『プロバイオティクス』や『生きて腸まで届く乳酸菌』と書かれたものがオススメです。

乳酸菌は胃酸に弱く、腸に届くまでにほとんどが死んでしまいます。上記のヨーグルトは最新技術で、乳酸菌を生きたまま腸に届けることができるように作られたものなので、より腸内環境を良くしてくれるのに役立ちます。

生きたまま乳酸菌が腸まで届く『プロバイオティクス』のヨーグルトのご注文はこちら(クリックでAmazonに飛びます。)

8時間ダイエットでやせる理由

YUKA88_happy2015082748_TP_V (1)

やせる理由は主に2つあります。

理由①

まず1つ目の理由が、食べてない16時間の間で脂肪が燃焼するからです。8時間ダイエットは、プチ断食をするようなもので、空腹の時間を長くすることで血糖値を下げます。

血糖値が下がると、脂肪を燃焼してくれるグルカゴンというホルモンが増えます。このグルカゴンのおかげで、8時間好きに食べた分を消費してくれるので、ダイエットになります。

理由②

2つ目の理由が、食事の時間を8時間にすることで、食べる量が自然に減るからです。8時間の間では、食べる量が限られますので、自然と食事のカロリーが減ります。8時間ダイエットを続けるうちに、脳が限られた食事量で満足するようになり、結果的に食べる量が減ります。

注意点

bsSAYA160312110I9A3798

結局は、食事の時間を制限することで、カロリー制限のダイエットになっています。

番組では、8時間の間に好きなだけ食べていいと言っていますが、もちろん安心してドカ食いしたらその分太ります。

ダイエットの意識を持って、いつもと同じくらいの食事量にしながら8時間ダイエットをしないと意味がありません。

→太らない食事量の目安はこちらで詳しく紹介しています。

8時間の間に食べられる量は限られているので、それほど食事の量は気にしなくてもいいですが、安心して食べ過ぎないように、注意しましょう。やはり、ダイエットなので好きなだけ食べて良いなんて甘い話はないです。

ただ、プチ断食の効果によって普段よりご飯を美味しく感じられたりするので、食事の満足度は上がるかもしれません。

本当に効果があるのか知りたい方は、こちらをお読みください
8時間ダイエットの効果。口コミから分かる本当の効果は?

まとめ

個人的には、普通のカロリー制限のダイエットをオススメしますが、興味のわいた方は8時間ダイエットは手軽にできるので、良いかもしれませんね。

8時間ダイエットは、始めた直後が一番難しいので、まず週に3日だけ試してみるとか、自分のできる範囲に調節すると続けやすいです。

また、こちらで、8時間ダイエットを実践している熊田曜子さんが愛用する、ダイエット専用ドレッシングを紹介しています。ぜひ、ご一緒にお読みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございまいた。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

口寂しいときはこちら

口寂しいけど太りたくないときは、カロリーほぼ0のこちらがオススメ。間食してもダイエットできます。

follow us in feedly QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ