「口寂しい」の意味は?

S__311445

「口寂しい(くちざみしい・くちさみしい)」ってどういう意味?

口寂しいとは、「なにか、お口に入れるものが欲しい感じ」のことです。文字通り、お口が寂しいという意味です。食べたものが少なくて、もの足りない気分や、もうちょっと食べたいなーなんて気分のとき「口寂しい」といいます。

テレビをみていたり、本を読んでいたり、お仕事をしたりしているときに、ふっと口寂しさがやってきます。

「お腹が空いた」とは違う意味?

「お腹が空いた」とは、少し意味が違います。お腹が空いてなくても、口寂しくなります。例えば、お腹はいっぱいだけどデザートが欲しいなとか、まだご飯って気分じゃないけどオヤツが食べたいなとか。お腹は空いていなくても、なにか食べたくてもの足りない気分になったら「口寂しい」という気持ちです。

ちなみにわたしは、口寂しいときは低カロリーのものを食べて心を満たしています。

もしかして、今あなた口寂しくないですか?

そうですか・・・。実は、わたしはそんな口寂しいときにオススメの情報をお届けしています。→口寂しいを解消する方法

口寂しさで困っているあなたや、あなたの家族、まわりのご友人のために、お手伝いをしています。低カロリーの食べ物や、口寂しい気持ちのおさえかた、体重を気にしない低カロリーのレシピ、禁煙中の口寂しさ対策など。口寂しさへの、あらゆる解決方法を知ることができます。

もし、あなたのまわりでも口寂しくて困っている人がいたら、ぜひこのサイトをオススメしてみてください!

S__311480

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

口寂しいときはこちら

口寂しいけど太りたくないときは、カロリーほぼ0のこちらがオススメ。間食してもダイエットできます。

follow us in feedly QLOOKアクセス解析

このページの先頭へ